一般社団法人自然経営委研究会が設立して1年が経ちましたが、その間「自然経営研究会らしい代表のありかたは何か?」という議論がありました。

「代表」を置くこと自体「自然経営」にそぐわない、という意見もありましたが、法的にも「代表理事」を定めなければならないという制約がある中、「『自然』な流れの中で代表が定められる」やり方を模索した結果、そのプロセスの中で、下記8名の代表理事が就任し、7月9日の「Monthly Confernce」の場でその報告をいたしました。

武井浩三(再任)
山田祐嗣(再任)
島青志
石丸弘
朝尾直太
佐藤隆
蓮池しのぶ
玉城麦野

関連記事

  1. 2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    2019.01.3

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    自然経営研究会の2019年の活動について、全体の「見取り図」を作ってみました。…

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」
PAGE TOP