自然経営研究会ニュースリリース
2019年2月5日

報道関係各位

(一社)自然経営研究会

 

自然経営研究会が「ティール組織の組織運営実態調査」を実施、
話題のホラクラシー企業5社が調査協力を呼びかけ
回答企業25社の64%が給与情報を社内公開していることが明らかに

 

2月12日(火)御茶ノ水で発表イベント開催

 
 
一般社団法人自然経営研究会(東京都港区、代表理事:武井浩三、山田裕嗣)は、ティール組織における組織運営の実態調査を行いました。
同調査は研究会会員の他、株式会社アトラエ(東京都港区、代表取締役:新居佳英)、株式会社ISAO(東京都台東区、代表取締役:中村圭志)、株式会社ソニックガーデン(東京都世田谷区、代表取締役:倉貫義人)、ダイヤモンドメディア株式会社(東京都港区、代表取締役:武井浩三)、株式会社ネットプロテクションズ(東京都千代田区、代表取締役:柴田紳)が協力企業として回答を呼びかけ、25社のティール組織・ホラクラシー組織から有効回答を得ることができました。

 
調査期間:2018年11月16日~11月30日
調査方法:ティール組織、ホラクラシー組織を運営する企業に回答を呼びかけ

(※)参考:ティール組織・ホラクラシー組織についての解説
「ティール組織」「ホラクラシー」「自然経営」は何が違うのか
http://urx.blue/Q2YY

調査結果サマリー

今回の調査の結果、各社とも情報公開には積極的に取り組んでいる姿勢がうかがえました。「社内のコミュニケーション情報」は84%、「財務情報」は80%、「経費」は68%が全体に公開しています。逆にいずれの項目も、「原則として非公開」とする会社は1社もありませんでした。
また、一般的に社内で開示されることの少ない給与・報酬情報についても、「一部を公開」も含めると、64%が社内で情報を開示しているという結果になりました。

調査協力5社による発表イベント「実践企業5社の経営陣が語る “新しい組織”のリアル」を開催
今回の調査によって得られた回答の詳細発表、ならびに回答内容についてのパネルディスカッションを以下の概要で開催いたします。
調査協力企業5社の経営陣が登壇し、「ティール組織・ホラクラシー組織の企業経営のリアル」について語ります。
詳細リンク:https://201902mc.peatix.com/

<当日プログラム>
「新しい組織運営」の実践企業の実態調査
– 今の組織形態は創業時から?途中から?
– 給料を完全に公開している企業の割合は?
– 部署や肩書はどれくらいあるのか?
– 課題はある?どんなこと?
– 業績にどのようなインパクトがあると感じているのか? etc

パネルディスカッション①「”新しい組織”への転換の進め方」
株式会社ISAO 代表取締役 中村圭志
株式会社ネットプロテクションズ 執行役員 秋山瞬

パネルディスカッション②「 “事業の成長” と “新しい組織” を両立させる意義と難しさ」
株式会社アトラエ 取締役CFO 鈴木秀和
株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫義人
ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 武井浩三

<日時>
2019年2月12日(火)18:30~20:30(18:10受付開始)

<会場>
株式会社EDUPLA
お茶の水エデュケーションプラザ(EDUPLA)
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティアカデミア5階
https://edupla.jp/space/

◾一般社団法人自然経営研究会について
自然(じねん)経営=「自然のように変化し続ける経営」の探求・発信・実践支援を目的に、2017年12月より活動を開始しました(2018年7月に一般社団法人を設立)。
月次の研究会の開催、webメディア上での情報発信、組織変容を支援するコンサルティングサービスの提供などを行なっています。
http://jinen-management.org/

◾調査協力企業について
株式会社アトラエ
取締役以外の役職が一切存在しないフラットなプロジェクト型組織。経営数値などあらゆる情報を常にオープンするなど、全ての社員が誇りを持てる理想的な組織づくりに創業以来こだわり続けている。
https://atrae.co.jp/

株式会社ISAO
全社どこからでもチャレンジが生み出される環境を目指し、2015年より役職・階層・部署・情報格差ゼロの「バリフラットモデル」を導入。個人がそれぞれ参画するプロジェクトを選択する仕事の進め方を実践している。
https://www.isao.co.jp/

株式会社ソニックガーデン
月額定額&成果契約で顧問サービスを提供する「納品のない受託開発」を展開。全社員リモートワーク、オフィスの撤廃、管理のない会社経営など新しい取り組みも行っている。
https://www.sonicgarden.jp/

ダイヤモンドメディア株式会社
会社設立時より経営の透明性をシステム化。「給与・経費・財務諸表を全て公開」「役職・肩書を廃止」「社長・役員は選挙と話し合いで決める」といった独自の経営を実践している。
https://www.diamondmedia.co.jp/

株式会社ネットプロテクションズ
事業においても組織風土においても「つぎのアタリマエをつくる」ことをミッションに掲げ、ワーキンググループ制度、ビジョンシートなど、様々な社内制度を導入。2018年にはマネージャー職を廃止した人事評価制度『Natura』をリリース。
https://corp.netprotections.com/

以上

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事

  1. 2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    2019.01.3

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    自然経営研究会の2019年の活動について、全体の「見取り図」を作ってみました。…

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」
  2. 変わり続けるビジョン

    2018.09.6

    変わり続けるビジョン

    自然経営の理念 Ver.1.2私たち(自然経営研究会)は、日本に既にある自然な経営を再発見し…

    変わり続けるビジョン
  3. 自然経営研究会における意思決定の仕方について

    2018.07.15

    自然経営研究会における意思決定の仕方について

    この団体こそが最も「自然」にチャレンジできる一般社団法人自然経営研究会(JINEN Mana…

    自然経営研究会における意思決定の仕方について
PAGE TOP