自然経営の理念 Ver.1.2

私たち(自然経営研究会)は、日本に既にある自然な経営を再発見し、研究し、現代に合うようにアップデートするための種を植え、見守ります。
それを世界に発信し、交流し、共に考え、日本と世界がより豊かになっていくことに貢献しちゃっています。

バージョンアップのポイント

「日本文化に基づいたJINEN MANAGEMENTを育み」を変更。私達が自然経営を「育む」というよりも、日本の環境・文化の上に既に存在しているものであり、それが自然と発展していくことを促したい、という意図を込めました。
全体の文脈とそぐわなくなるので、「ガイアの夜明け」という文言を削除。
(更新日時2018年10月26日 10:00)

自然経営の理念 Ver.1.1

ガイアの夜明け
私たち(自然経営研究会)は、日本文化に基づいたJINEN MANAGEMENTを育み、世界に発信し、交流し、共に考え、日本と世界がより豊かになっていくことに貢献しちゃっています。

バージョンアップのポイント

「リードしています」という表現は「自然ぽくない」という意見が述べられ、「貢献しちゃっています」という表現が採択されました。
「自然」を削除。(更新日時2018年9月6日 21:36)

自然経営の理念 Ver.1.0.1

ガイアの夜明け
私たち(自然経営研究会)は、日本文化に基づいたJINEN MANAGEMENTを育み、世界に発信し、交流し、共に考え、日本と世界がより豊かになっていくことを自然にリードしています。

バージョンアップのポイント

字句修正 育て⇒育み 「より」を「豊かに」の前に挿入しました。(更新日時2018年9月6日 21:24)

自然経営の理念 Ver.1.0

ガイアの夜明け
私たち(自然経営研究会)は、日本文化に基づいたJINEN MANAGEMENTを育て、世界に発信し、交流し、共に考え、日本と世界が豊かになっていくことを自然にリードしています。

自然経営研究会の理念の作成

2018年9月6日午後7時。豊島区池袋の南池袋公園に有志6名が集まり自然経営研究会の理念作成のワークショップが執り行われました。
各々の現在や未来の姿を話し合い、「3年後には自然経営研究会はどういう姿になっているか」について意見を交換しました。そうした未来の自然経営研究会のかたちを念頭に置きつつ自然経営研究会の理念作成作業に入り、議論を重ねたのちに午後9時21分、上記の自然経営研究会理念のVer1.0が採択されました。
ガイア理論にもあるように、私たちは地球と相互作用する存在であり、私たち自然家経営研究会が新たな時代の転換点にある社会を導く存在たることを「ガイアの夜明け」と表現しています。

また、「ティール組織」でも書かれているEvolutionary Purpose(進化する目的)の原則に基づき、この理念を進化(バージョンアップ)させることが確認され、早速作業に入りました。

関連記事

  1. 2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    2019.01.3

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」

    自然経営研究会の2019年の活動について、全体の「見取り図」を作ってみました。…

    2019年の自然経営研究会の「見取り図」
  2. 【プレスリリース】25社に「ティール組織の組織運営実態調査」を実施、64%が給与情報を社内公開 話題のホラクラシー企業5社が協力を呼びかけ

    2019.02.5

    【プレスリリース】25社に「ティール組織の組織運営実態調査」を実施、6…

    2019年2月5日報道関係各位(一社)自然経営研究会自然経営研究会が「テ…

    【プレスリリース】25社に「ティール組織の組織運営実態調査」を実施、64%が給与情報を社内公開 話題のホラクラシー企業5社が協力を呼びかけ
  3. 自然経営研究会における意思決定の仕方について

    2018.07.15

    自然経営研究会における意思決定の仕方について

    この団体こそが最も「自然」にチャレンジできる一般社団法人自然経営研究会(JINEN Mana…

    自然経営研究会における意思決定の仕方について
PAGE TOP